県議選の結果を受けて   2011 年 4 月 11 日

長野県議会議員選挙の投開票が終わった。日付もかわってから佐久に戻ってきた。私が手伝ってきたみんなの党の2人は当選できなかった。原田貴司さんも江口光雄さんも限られた時間、人員の中でやれることは一生懸命やったと思う。

 

県議選にみんなの党の候補者を立てて以来、メディアの人に何度も「衆議院選挙の布石か?党勢拡大か?」と言われ続けてきた。私は「2人の当選のことしか考えていない」と言ってきたが、戦いを終えて思うことを書きたい。

 

今回の選挙戦、原田さんと江口さんは、党の看板というよりも個人の力で勝負していた。江口さんは、サンタの創庫経営者として長野県経済に貢献してきた実績と行動力は申し分ない。ただ、それを伝え切れなかったのではないかと思う。原田さんには江口さんのような社会的実績はないが、真摯で純粋な政治への想いを、どの候補者よりも街頭で訴えてきた。原田さんの若さに期待する人も多かったと思う。あと一歩だった。

 

2人とも、「党勢拡大」というステレオタイプな言葉では語れない真剣勝負をしていた。私も、目の前の戦いを全力で手伝った。今回の県議選とその先の選挙を結びつけようという気持ちは全くなかった。

 

2人の選挙を手伝うようになってから、新聞に私のコメントが節目節目で載ることがあった。新聞記事は、自分の言葉をよりを分かりやすく文章にしてくれることもある。でも、言葉のつなぎ方を変えられたり、ニュアンスが違うと思うこともある。私も記者をしていたときは、人のコメントをまとめる難しさに何度も悩んだ。悩みながら要約してくれているなら良い。安易に限られた字数にはめ込んでいるのではないと信じたい。

 

全力で戦った結果は真摯に受け止めなければならない。今後のことを考えるのはこれからだ。再び日常の生活に戻るが、私自身は自らの目標にむかって1日1日を過ごしていきたい。

 

最後に、県議選挙で2人の候補者と、2人を手伝った私のことまでたくさんの人が応援してくださり大変感謝しています。また、原田さんと江口さんにも、手伝いができたことを感謝しています。ありがとうございました。

この記事は 2011 年 4 月 11 日 月曜日 1:59 AM に投稿されました。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて