軽井沢町の姿勢が問われる   2011 年 11 月 23 日

今朝の信濃毎日新聞29ページに

「放射線量測定や除染費用

 軽井沢町、東電に500万円請求へ

 『福島原発事故が原因』」という

記事が出ていた。

 

軽井沢町では先月頃から、

高い放射線量が学校の近くなどで計測されたほか、

文部科学省が公表した航空機によるモニタリング調査でも

県内の市町村の中では高かった。

 

軽井沢町が原因を特定してこなかったことについて

このブログで先月書いたが、

きょうの記事を見る限り

「原因は原発事故だ」と町が判断したことになる。

 

これまでかかった費用を

請求することは正しいと思うが

これからも調査を続けて

住民の不安に客観的な数値で応えていくことが大事だ。

騒ぎすぎてもいけないが、黙殺はもっといけない。

 

町民はもとより、

周辺の市町村など多くの人が今後の成り行きを案じている。

軽井沢町の姿勢が問われることになる。

この記事は 2011 年 11 月 23 日 水曜日 11:20 PM に投稿されました。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて