弔電にたいする考えとお願い   2013 年 2 月 6 日

もう2年以上前のことになるが、このブログで、葬儀の弔電について書き、議論になったことがある。(https://yousei-ide.com/blog/archives/854)

 

私の選挙区では、葬儀があると、国会議員や県会議員などの弔電が、必ずといっていいほど読み上げられる。地元で長く政治に関わってきた人に聞くと、地元紙のお悔やみ記事をみて、選挙区内の全ての葬儀に弔電を出す政治家が多いようだ。葬儀に対する政治家のスタンスは様々だから、他人のことをとやかくいうつもりは一切ないとお断りしたうえで、私の考えを書かせていただきたい。

 

これまで私は、お世話になった人が亡くなった時や、お世話になった人が故人の親族である葬儀には参列してきた。また参列ができない時は、弔電を送ってきた。当選する前はある程度、自分の都合でスケジュールが組めたので、弔電を送ることはあまりなく、ほとんど参列してきた。しかし、選挙が近くなるにつれて「他の政治家が弔電を送っているのに、どうして、ようせい君は弔電を送らないのか」という声が出るようになった。また、当選してから、こうした声はさらに多くなっている。

 

「政治家なのだから、全ての有権者に弔意を表すべきだ」と言う人もいる。実際そう思って弔電を送っている政治家もいるだろう。しかし、それは、お悔やみ記事をみて事務的に、定型の文章を送るような機械的なものであってはいけないと思う。私はまず、故人と親族の気持ちを大切にしたい。だから葬儀には、できるだけ参列する。参列できなければ弔電を送る。それでも、お世話になった人の葬儀が知らないうちに終わってしまったような時は、新盆回りや、改めてお線香を上げさせていただくようにしている。

 

葬儀で多くの政治家の弔電が読み上げられ、それも選挙が近くなるとその数が増えて、結果として、葬儀が選挙のPRの場になってしまうことは、故人や親族に対して失礼だと思う。「親族や参列者は、弔電を失礼だと思う人はいないし、ありがたく受け取ってくれる」という多くの意見は、的を得ていると思う。しかし、親族の中には、顔をみたこともない人から弔電がくることを疑問に思う人もいる。少数かもしれないが、そうした親族の気持ちを、故人とのお別れの場を、私はかき乱したくない。

 

だから今後もいままで通り、葬儀はまず、参列する。それがかなわない時は弔電を送ることにする。お悔やみ記事の全てに、事務的に弔電を送ることはしない。「変なところにこだわって、おかしいんじゃないの?」と思うかもしれないが、私は、故人や故人の親族の気持ちを大切にしたい。朝起きて、朝刊のお悔やみ記事をみて、亡くなった人や喪主のお名前を1人ずつ確認して、葬儀に参列したり弔電を送るようにしたい。

 

 最後に、私のこうした思いを貫くにあたり、皆様にお願いがあります。私の方で毎日確認をしていますが、先ほど述べましたように、中には、葬儀があったことに気づかず、大変失礼をしてしまうことがあります。これまでもそうしたことがありました。お知り合いやご近所の方が亡くなった時に、私の事務所までご連絡をいただけると大変ありがたいです。(0267−78−5515 又は、03−3508−7469)事務所が不在でも、留守電に吹き込んでいただければ、私の携帯に転送されますので、私がどこにいても伝わります。皆様にご迷惑をおかけしますが、皆様のお力をお借りしながら、故人と親族に真摯に向き合ってまいりたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

この記事は 2013 年 2 月 6 日 水曜日 8:57 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 5 件

2013 年 2 月 8 日 12:04 AM
クボタ より:

葬儀の弔電というデリケートな話題に自分如きが・・・とも考えましたが、思うところもありメールさせて頂きました

自分も若い頃に母親を亡くているので、葬儀における人の悲しみ辛さを理解しているつもりです

以前のブログも拝見させて頂き感じたのは井出さんにメールをしてきた方々の意見は正論に思えたと言う事です

井手さんのおっしゃる事もよく解りますが、慣習として当たり前におもっている人にとっては、井出さんのおっしゃている内容は詭弁に映るでしょう

よって自分としては、井出さんもこの3区という場所から出てる以上、慣習に従い弔電を送るべきと思います。

・・・との考え方も少なからずともあったのですが、井出さんとは違う理由で慣習について疑問に思う事があったので続けて書かさせて頂きます

それは、以前ベテラン代議士の秘書の方と政治献金についてお話させて頂いた時の事です

なにも知らない自分が「へんな癒着の元になるんだから、やめればいいのに」と言うと「政治は選挙も含めあれやこれや金が掛るからそうもいかんのよ」との事だった。

その“あれやこれや”の中には弔電だけではなくいろんな式への祝電も含まれていた様に記憶しています。言葉は濁していたがそれらは秘書の仕事みたいでした

正にそれは事務的に行われている選挙活動ともとれるのだが、自分の言いたいのはその事よりも政治献金に厳しい今、そういった費用は多くの場合、議員さんの自費・給料から出ると言う事だ

給料は税金から出ているのだから、もし弔電を選挙活動としてのみでお考えであれば、資金使途としてその分、多くの厳しい現場に足を運び現状を見て今後の事を考えて頂きたい

・・・という考えもあり、答えが2つもあって井出さんとメールをしてきた方々、双方に「なんだよ!」と怒られそうな内容になってしまいました。

ただ、増税に絡み議員歳費の削減を訴えるのであれば、国民みずから資金使途として踏襲するべき慣習なのか否かも含め議論する時期に来ている事だと思いました

2013 年 2 月 20 日 7:13 PM
匿名 より:

祖母が亡くなった折、某有名政治家さんから弔電がきました。
面識がないので、選挙活動の一環なのだなと感じました。
面識のない人に事務的に弔電を送る位なら、
そのコストを他に人の役に立つ事へ使った他が良いと私は思います。

2013 年 5 月 18 日 11:06 PM
yousei より:

匿名様
井出ようせいです。ありがとうございます。そういっていただけると大変ありがたいです。
井出庸生

2014 年 11 月 30 日 10:54 PM
匿名希望 より:

本日、井出さんと同じ選挙区のT事務所から挨拶文が届きました。隣に住む義母が今月亡くなり、tさんから弔電も届きました。お悔やみ欄を見ての、行為でしょう。
問題は、亡くなった義母の名前入りで義父に同じ挨拶文が届いた事です。
こんな事に、国民の大事な議員活動費が使われている事に、唖然としています。
偶然、井出さんのお考えをネットで見つけましたので、コメントさせていただきました。

2019 年 12 月 11 日 9:42 AM
匿名希望 より:

2014年11月30日 10:54PM以来のコメントです。
今朝、新聞を見て、とても残念で堪りません。無所属の大変さは、理解はしているつもりでしたが、まさか自民とは・・・辻説法しているお姿を見て、この人なら任せて間違いないと思い、色々な人に推薦もさせていただきました。長いものに巻かれる政治家ではないと信じ来ました。年の瀬に、人に裏切られたこの感情を何処へぶつければ良いのでしょうか?
今まで、投票してきた票を返してもらいたい、今はそんな心境です。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて