参院選候補者擁立について②   2013 年 6 月 27 日

きょう午後、報道各社の取材に応じて、状況を説明してきました。

 

お話ししたことは、

 

「厳しいが、最後まであきらめずに擁立をすすめる」

 

あと少し、最後まで努力します!

この記事は 2013 年 6 月 27 日 木曜日 6:27 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 1 件

2013 年 6 月 30 日 3:57 PM
モダンタイムス より:

3日までに、いい候補者の方が見つかるといいですね。

16日(先々週の日曜日)に、東京の(みんなの党の)事務局に「教育の規制緩和について」の意見をさせて頂きました。本当は「アイディアコンテスト」に応募したかったのですが、思いっきりアナログ人間なので、フェイスブックにうまく登録できず(それどころか、このホームページにある「お問い合わせ」から井出さんに意見メールを送ることすらできず・・・なので、いつもこのブログからコメントをさせて頂いております。)「意見」という形でさせて頂きました。(早速、17日の午後、事務局の方からお礼のメールを頂き、うれしかったです。)

内容は、①学校教育法を改正し、学校の多様化をはかる。(明治初期の簡易小学校のような学校や予備学校のような学校も学校として認可する など)②教育職員免許法を改正し、教師の多様化をはかる。(他校種、他教科でも指導可とする、2種免許取得者への1種免許取得の努力義務の撤廃 など)③学校教育法を改正し、特別支援教育の多様化をはかる。(特別支援学校に通常学級が設置できるようにする など)といったものです。

いつもここに書かせて頂いていることを、より詳しく書かせて頂いた、といったような内容です。

もし、お時間があって(すごく多忙だとは思いますが)気になるのであれば、私の意見を事務局の方でご覧になって頂ければ、と思います。(もちろん、その意見はモダンタイムスという名前で送っていませんが、日にちとメールアドレスをつき合せて頂くとわかると思います。)

でも、「アイディアコンテスト」の教育の規制緩和に関するアイディアは、私以上の規制緩和を求めるものもあり、考えされられました。

ここでも、「もっとパソコンが使えれば、いいね!やアイディアへの意見ができたのに!」と思いました。

長野も暑い時期になります。井出さんも、スタッフの方々も体に気をつけて活動をされてください。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて