ありがとうございます   2013 年 11 月 27 日

多くのメッセージをいただき、ありがとうございます。


申し訳ありませんが、きょうは先にお休みさせていただいて、
明日以降、また思いを発信いたします。

ありがとうございました。おやすみなさい。

この記事は 2013 年 11 月 27 日 水曜日 12:51 AM に投稿されました。

コメント / トラックバック 27 件

2013 年 11 月 27 日 6:06 AM
ラシイ(ペンネーム) より:

 井出ようせい議員、お仕事どうもお疲れ様です。

 特定秘密保護法案への井出議員の非常に貴重な反対票を無駄にせず本法案を廃案にしていくために、本法案の今国会での成立に反対の日本国民の皆さんは、出来るだけ迅速に下記の方法で本法案を廃案にしていきましょう!
 1.みんなの党の参議院議員全員(議員会館の事務所)へ電話、FAX及び電子メールで連絡し、参議院での本法案の採決の際には反対票を投じて頂く様、出来るだけ真剣かつ丁寧にお願いをします。
 2.日本維新の会の参議院議員全員(議員会館の事務所)へ電話、FAX及び電子メールで連絡し、参議院での本法案の採決の際には反対票を投じて頂く様、出来るだけ真剣かつ丁寧にお願いをします。
 3.日本維新の会の国会議員団本部(TEL.03-3582-8111)へ電話をして、参議院での本法案の採決の際には反対票を投じて頂く様、出来るだけ真剣かつ丁寧にお願いをします。
 参議院での本法案の採決の際にみんなの党と日本維新の会の議員全員が反対票を投じるか、棄権をした場合、参議院では野党の議員は一人も賛成票を投じなかったことになり、政府・与党は、世論で本法案の今国会での成立に反対の意見が多いこともふまえて、今国会での本法案の成立を渋々あきらめる可能性がある、と考えています。 ですから、本法案の今国会での成立に反対の日本国民は、本法案を廃案にする可能性が0%になるまで決してあきらめることなく、全力で上記の方法を実践して本法案を廃案にしていきましょう!そして、皆さん自身が全力で上記の方法を実践するだけではなく、出来るだけ多くの日本国民に対して上記の方法を実践して本法案を廃案にする様に呼び掛けていきましょう!
 本法案が今国会で成立するか否かは、長期的な観点にもとづけば日本国民にとっては死ぬか生きるかの大問題である、と考えています。ですから、本法案が今国会で成立した場合には自分の命はないという様な危機意識を持って、出来るだけ迅速に全力で上記の方法を実践して本法案を廃案にしていきましょう!

2013 年 11 月 27 日 6:31 AM
市川一実 より:

良いものは良い、悪いものは悪い。自分で考え行動する、信用することができる人と思います。農協の収穫祭で私の拙いTPP反対の意見を真剣に聞いてくれた姿を思い出します。
 「みんなの声を聞く」その姿勢をいつまでも大切に。

2013 年 11 月 27 日 7:29 AM
匿名 より:

応援します!

今朝の新聞で、昨日の衆議院での法案反対の記事を見ました。
井出さんの11月26日のブログのメッセージは立派だと思います。
自分の信念に従って行動されたことを高く評価します。

こんな大事な法案が、多数の国民に反対されながら強行に進められることに恐怖を感じます。今後もがんばってください。

2013 年 11 月 27 日 9:07 AM
子どもの未来を守りたい母 より:

特定秘密保護法案への反対、本当にありがとうございました。

国民の声を国政に反映し、日本のよりよい未来を創る気概のある井出ようせい議員のような方を、私たちは全力でサポートしていきます。

衆議院は残念な結果となりましたが、参議院で廃案となるよう、どうか参議院議員たちへの働きかけをよろしくお願い致します。

私たちも、あきらめずにがんばります。

2013 年 11 月 27 日 9:10 AM
自由さん より:

有難うございます。官僚打破という項目を党の方針に掲げながらこの法案を自民党に擦り寄って強行採決なんて!
選挙で一票を投じた有権者への裏切りでしかありません。
本当に失望しました。
このままではみんなの党はお終いですね。
井出さんの反対表明こそみんなの党の本来すべき姿勢だった筈です。
とても勇気ある行動だと思います。立派です。有難うございました。
貴方は真の政治家だと思います。
今後険しい道も予想されますが、有権者として貴方のお名前を心に刻みました。
国民は見ています。応援しています。頑張って下さい!!

2013 年 11 月 27 日 10:40 AM
子どもの未来を憂う母 より:

国会前で秘密法案反対の声を上げている時、みんなの党で反対に回った議員がいるときき、井出さんだ!とうれしく思いました。私は都民ですが、井出さんに一票を投じた多くの方が同じ思いでいると思います。正しいことをしてくださいました。国会で、議員一人ひとりが意思を示せないようでは、民主主義なんてありえません。今後も活躍を期待しています。

2013 年 11 月 27 日 10:52 AM
kubota より:

井出さんの信念、行動、ありがとうございました
それに比べ「政治をあきらめないでください」と言い選挙を闘っていた同志達は【政治をあきらめさせる】行動をどの様に考えていらしゃるのだろう・・・
各地域で重き一票を投じた有権者に対しどう説明するのでしょう?

2013 年 11 月 27 日 11:05 AM
諦めない母 より:

国会採決の場で、着席して反対の意思を示されたこと、その勇気ある行動を尊敬します。
党員である前に、一人の政治家として、人間として考え抜き、ご自身の信念で行動できる政治家は今、どれほどいるか・・・。昨日、国会前に集まった私たちの抗議の声が届かない口惜しさ、情けなさに打ちひしがれる中に届いた「井出さん反対」のニュースは一筋の希望の光でした。井出さんのような方が、もっと増えてほしいと心底思います。
そのためには、国民の無関心を改めなければなりませんね。
こんな無謀な法案が通っていいはずがありません。
私たちは貴方の行動をしっかり見て、応援しています。参議院への働きかけ、そして世論への発信、どうか頑張ってください。

2013 年 11 月 27 日 11:25 AM
第三区39 より:

「嫌なものは嫌と言う」の瀬戸内寂聴氏の言葉を思い起こさせます。
今こそ、有権者としてできることを行動に表すことで、国会を通じて非を正す時です。
国民主権と情報管理において、国の形が変えられてしまうことに、ようやく有権者レベルで気づき始めた感もあります。
マスコミは取り上げない共謀罪と自首減免で、恣意的な潜入者の密告で捕縛できる言論統制にもつながる法案に、既に遅いとあきらめず、右向け右の日本人の国民性から、為政者の暴走を助長させない為にも、国民の監視が必要です。
大多数の議員が、体制翼賛的圧力から、自身の主張を封じ込められたとしか思えない、暗い風潮を感じます。
昨日の臨時国会では、処分を恐れずに、党の方針に反しでも、反対表明をされた御貴殿と林議員の、平成の双璧とも言うべき真実の政治家たる勇気ある行動を目の当たりにして、戦前、戦中を彷彿とさせる政治状況に対して、一点の光明を見い出す、胸のすく思いの朝です。

2013 年 11 月 27 日 11:57 AM
SHIMODA より:

当然といえば当然ですが、自らの良心と信念に従い、特定秘密保護法案に反対の勇気ある行動を取られたことを高く評価します。
渡辺喜美代表の発言は、みんなの党の支持者を完全に裏切るもので、自らの保身のために政府、与党の補完勢力に成り下がったみんなの党に未来はありません。
どうか、みんなの党を出て、良心と信念を貫いて、法案を廃案にするまでさらなるご健闘を切に期待しています。

2013 年 11 月 27 日 1:09 PM
匿名希望 より:

前略、ニュースでお名前を拝見し、
党の意思と異なるご自分の考えを貫かれたことに、大変頭が下がりました。
私は今外国にいるのですが、日本は党の中でひとつの法案に反対するだけで、とっても勇気がいるのがわかりました。
みんなの党の「みんなの」という部分に違和感を感じていたのですが、
昨日は「みんなの」の部分が少しだけ健在だったと感動しました。
今回は、今まで日本の政治に関心をもたず、そんなに悪くはならないだろうと安心し切っていた自分の態度を改める機会になりました。
しかも戦後の民主が瞬く間に覆されそうになっている。
私たちのためにこれからもよろしくお願いします。

2013 年 11 月 27 日 2:10 PM
地元の名もなき有権者 より:

戦後の民主主義を否定する今回の秘密保護法案には断固反対します。そして、こんな戦後最大の悪法を世論を無視して成立させようとする、自公政権及び「みんなの党」に言いようのない憤りを感じます。この法律案に対して明確に反対の立場をとった井出さんの英断には、地元有権者をはじめ多数の国民の共感が得られることでしょう。
結局「みんなの党」は、国民みんなの党ではなく、自民党に寄生し、自らの生き残りをかける薄汚い「渡辺喜美の党」であったということですね。こんな国民を騙す「みんなの党」にいると永田町の汚れた空気に染まり、自らのアイデンティティを失うことになりかねないと思います。化けの皮のはがれた「みんなの党」にいる必要はないのではないですか。離党も選択肢の一つだと思います。
審議の場は参議院に移っても法案成立阻止に向けて頑張ってください。これからもご自身の政治理念に忠実であって欲しいと思います。微力ながら応援します。

2013 年 11 月 27 日 4:05 PM
信州人 より:

特定秘密保護法案に反対してくださってありがとうございます。内容を理解したいと思っている最中に強硬採決で通過させるなど、あまりに暴挙です。必要である部分は、認めたいのですが、不安や心配が払しょくされることなく、説明したはず、公聴会を開いたはず、と押し切る暴力的な国会によけい不安を感じます。しかも公聴会でもほとんどが反対しているのに意見として認めていない。こんなに急ぐのは危ないと思います。監視委員会を作るといってもどんな体制で誰がなにをどうやって監視するのかもわかりません。作る予定だったけどと言って流されるかもしれません。なにしろ今回のやり方に憤りと不信を感じています。井出さんの勇気ある行動に感謝しております。

2013 年 11 月 27 日 8:26 PM
木曽川の下流域出身 より:

みんなの党をなんとなく支持してきました。そして井出さんと林さん、その後ろで腕組みしてうつむく椎名議員を拝見しました。自分がなんとなくでも支持した成果を、不思議とリアルに感じることができました。たぶんこの感覚は、幸運なことにみんなの党が党として反対した場合には、却って得られなかっただろうと思います。

2013 年 11 月 27 日 9:02 PM
大阪より より:

ありがとうございます。
若い政治家にこんなにまっすぐ、ご自分のお考えで行動できる政治家がいらっしゃることに勇気づけられました。井出さんに投票できないのがとても残念ですが、日本のために頑張ってください。
国民は見ています。

2013 年 11 月 27 日 9:03 PM
みんなの党に裏切られた より:

私からも、国のため、国民のために、勇気ある反対姿勢を「不起立」によって明示して頂き、ありがとうございます。脱官僚の政党が(官僚による)法の拡大解釈を認めるような欠陥法案の成立に協力する「友官僚」の党になり下がってしまったことがものすごく残念でなりません。「党の前に国家、国民がある」と言ったのは、自民党時代に造反して離党した当の渡辺さん。井出さん、林さんも、そして棄権された江田さんもそうした観点から行動されたものと理解しています。国民のために反対した方々を、国民の慎重審議を求める声にあらがって衆院通過に協力した人たちが処分するなんてとんでもない話で、処分されるのはむしろ衆院通過に協力した側であるべきでしょ?と思うのは私だけでしょうか?

2013 年 11 月 28 日 12:00 AM
匿名 より:

反対してくださってありがとうございます。
応援しています。

2013 年 11 月 28 日 1:36 AM
市民より より:

井出議員、あなたの勇気ある行動に敬意と感謝です。あなたは政治家として、本当に大切な内なる良心に従い、良心を捨てなかった。その姿は、
必ず有権者が見ています。どうか、これからも社会を善くし、ひとのために働く政治家であり続けてください。わたしたち市民も最後まであきらめません。ありがとうございました。

2013 年 11 月 28 日 1:56 AM
匿名 より:

はじめまして。
衆院の秘密保護法案の採決に反対してくださったこと、本当に感謝しております。
本当に勇気の要る決断だったこととお察し申し上げます。
我が国が民主主義国家であり続けることができるか否かが問われている状況ですが、
本当の政治家がまだ日本にいるのだと、まだ信じていい方もいるのだと思いました。
このことはずっと忘れません。
これから、安倍政権の独裁を食い止める国会議員さんが必要になります。
どうか、これからも国会で頑張ってください。
応援しています。

2013 年 11 月 28 日 3:54 AM
ロンドン より:

江川 紹子さんとの対談記事『みんなの党・井出議員はなぜ特定秘密保護法案に反対したのか』http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20131127-00030155/ を拝見しました。特定秘密法案には疑問点だらけです。反対を表明して頂き、ありがとうございます。今後にも期待しています。

2013 年 11 月 28 日 6:21 AM
横浜の一市民より より:

井出さんの存在を今回のことで知りました。
その政治姿勢をいつまでも失うことなく貫いてください。
今の政治状況を憂えている人々が大勢います。
井出さんのような政治家に期待すると共に、一市民としても行動を起こさなければと思っています。

2013 年 11 月 28 日 8:05 AM
水野 より:

政治には失望することばかりですが、井出さんの行動に希望を感じることができました。
勇気あるご判断に感謝します。
この国の未来のために、子どもたちのためにも、これからも信念を貫いて頑張ってください。
応援させていただきます!

2013 年 11 月 28 日 9:37 AM
埼玉県59歳 より:

勇気ある決断に敬服します。私も井出議員のように自らの良心と信念に従い行動していきたいと思います。これからも頑張ってください。埼玉県から応援しています。

2013 年 11 月 28 日 9:37 AM
2人の子供の母 より:

反対していただきありがとうございます。勇気ある行動に深く感謝いたします。
がんばってください。応援しています。

2013 年 11 月 28 日 10:26 AM
佐久の住人 より:

国家、国民のために自分が正しいと思うこと「棄権」せず「反対」を貫いたのは有権者の付託を受けた国会議員として非常に立派だと思います。
間違っているのは「みんなの党」の方針です。修正中の様な中途半端な法律の採決に賛成した党側が間違っています。井出議員の行動は正しいのです。間違った行動をした党の処分なんか気にする必要はありません。自分のとった行動の正しさを信じてがんばってほしい。党が見放しても長野県の有権者はこれからも応援してくれると思います。

2013 年 11 月 29 日 3:12 PM
正義の味方 より:

先般の選挙では、みんなの党に投票しました。
新聞で井出議員の行動を知りました。
男前です。
尊敬します。
更なるご活躍を期待してしております。
それにしても当たり前のことが言える社会でないとね。

2013 年 11 月 30 日 5:48 PM
大阪より より:

井出さん、あんな酷い悪法に反対してくれて感謝です。
井出さんの様な立派な方こそ、政界に絶対必要な人材だし、ずっと応援していきます。頑張って下さいよ。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて