後輩が信州に!   2013 年 12 月 7 日

嬉しい出来事がひとつ。

今朝の信濃毎日新聞、スポーツ面に記事がでていますが、
東大野球部の井坂肇投手が、信濃グランセローズに入団することが決まりました!!

一度、練習を見に行ったときに井坂君のキャッチボールをみましたが、かなりの速球派です!

後輩が信州にくるなんて、嬉しい!

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20131206-1227791.html

この記事は 2013 年 12 月 7 日 土曜日 11:00 AM に投稿されました。

コメント / トラックバック 5 件

2013 年 12 月 8 日 6:38 AM
松本市民 より:

井坂選手、頑張ってほしいですね。
ちなみに野球じゃないですが東大出身だとJリーグ岡山の久木田選手がいます。彼も昨年は松本山雅でしたね。

さて、井坂選手とは関係ないですが、同姓つながりでどうしても井出さんに関するここ数日の報道を思い起こしてしまいます。
もう遅いかもしれないけど、なんとか踏みとどまることはできないんでしょうか?
このまま出たら経過はどうあれ「裏切る口実で、党責任者のくせに特定秘密保護法に造反した」と言われかねない。それが長い目で見て、井出さん自身にも日本の政治にもプラスとは思えません。
新党が出来れば、比例復活でも出ることはいつでも出来るのでは?みんなの党の政策は今も支持しているんですよね?

たとえ処分されようが、いずらいこともあろうが党の中から意見を発信し続けるのが「筋を通す」ということだと思います。
井出さんには前回選で、佐久や東信、そして私のような比例しかいれられない者も含め、あれだけの票を得ている実績があります。
たとえ党内で孤立しても孤独じゃないし、今ここで出て行くのはもったいないと思いました。
政治家の決断に口を出すのは僭越と分かりつつも、意見させていただきました。

2013 年 12 月 8 日 12:08 PM
小泉秀美 より:

残念ながら、家族で風邪をひきました。病み上がりのため、8日伺うことができず申し訳ありません。本当にお会いしたかった。
正しい判断ができる!ようせいさんを
家族で、これからも応援いたします。
ようせいさんの行動力に感謝申し上げます。
ようせいさんを応援して本当に、よかったです。応援してる人々を、あなたはがっかりさせない。すばらしいです。
風邪が流行ってます。お大事にされますように。

2013 年 12 月 8 日 3:01 PM
モダンタイムス より:

久しぶりにコメントします。(記事と関係ないことです。)

①特定秘密保護法案について
失礼ながら、衆院本会議で反対した井出さんを見て「そこまで反対することではないのでは。」と思いましたが、さっきネット上のニュースで「海自内でのいじめを内部告発した方への処分検討」といった内容のニュースを見ました。(内容が少し違っていたらすみません。)
以前、このブログ上で憲法改正問題について、わが国に、虎の威を借る狐のような輩がいる限り、9条の改正は難しいのではといったような内容の意見をしましたが、このニュースを見る限り、井出さんの衆院本会議での判断に先見性を感じました。

私はこうした法案の必要性は感じますが、それ以上に「その前にやるべきことをやる。(例えば、こうした法案をつくるのであれば、取り調べの可視化などを進める。)」必要性を感じます。

②今朝の信毎の一面記事に関して
何度も書きましたが、私はみんなの党の政策について結構支持している部分があるので、新聞で見る限り、井出さんの現在の行動について残念な部分もあります。

しかし、これも何度も書きましたが、維新や民主党との連携についても、戦前回帰思想を持たずに、みんなの党の政策のいい部分が前進できるのであれば、一考してもいいのでは、とも思います。

ただ、井出さんや江田さんたちが指向しているであろう(新聞報道ではそのように読み取れますが)「DRY」については、仮に、この組み合わせで政権交代ができたとしても、小泉改革の二の舞になる可能性を非常に感じます。小泉改革は国民が「同じ価値観で」自由競争を強めたこと、つまり、「コップの中の争い」になってしまったところに問題を感じます。そこで、みんなの党と政策的に一致する部分があり、価値観が違う部分がある「緑の党」との連携も視野に入れては、と以前意見させて頂きました。(社民、共産との連携は、政策面等で非常に厳しいと思いますが。)

DRY+Gであれば、「大海原での共存共栄」が実現できそうな気がします。こうしたことはすぐには無理なことは承知していますが、ぜひ、井出さんにも「コップの中の争い」ではなく「大海原での航海」をして頂きたいと思います。

では、体に気をつけてがんばってください。少し前ですが、私の住んでいる市も初雪が降りました。

2013 年 12 月 8 日 4:50 PM
匿名 より:

比例復活の議員が何故離党し、新党結成?まず議員辞職して次回選挙で真を問うのが筋では?

2013 年 12 月 9 日 11:08 AM
長野市の古希の爺 より:

終戦によって国民への頚木、治安維持法から解き放たれたのに、今度は米国の要求を口実に再び繋がれてしまうことになります。(都合よく悪用されやすい。)

行政(責任をとらない官僚:残念ながら庸生さんと同じ東大卒の英才が多いのだが・・)を監視し独善を許さないのが民主主義だと思います。

一歩譲って漏らした公務員だけを処罰ならとも思います。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて