座右の銘   2010 年 6 月 13 日

こんばんは。

きょうは、佐久、立科、長和、下諏訪、諏訪湖、松本アルウィン、松本駅、安曇野、長野駅とまわりました。

アルウィンは山雅の試合開始一時間前にいったのですが、ファンの試合への集中は思った以上に早く、ご迷惑はかけられないということで

チラシ配りを中心にしました。たくさんのチラシを受け取っていただきありがとうございました。

最近、新聞各社からたくさんのアンケートがきています。取材の基礎データなのでしっかり回答したいのですが、もう一人自分が欲しいぐらいです(笑)

そのなかで座右の銘をよく聞かれます。昔、「不屈」という言葉を座右の銘にしていたのですが、ここ数年は好きな言葉が多くて座右の銘と呼べるものがありません。

最近はマックス・ウェーバーの有名な言葉

「現実の世界が自分の世界から見てどんなに愚かであり卑俗であっても断じて挫けない人間。どんな事態に直面しても『それにもかかわらず!』と言い切る自信のある人間。そういう人間だけが政治への『天職』をもつ」(職業としての政治 より)

が気に入っています。しかし、長すぎてとても座右の銘とはいえないですね。

好きな言葉はほかにもたくさんあります。政治活動をするためにNHKを辞めてから、前向きで強固な言葉に共感することが増えました。

そういった言葉を紹介しながら私の考えの一端を知っていただけたらいいなと思います。

最後に、今週金曜日、18日渡辺代表と佐久市でタウンミーティングを開きます。公示前の大きなイベントがいよいよ今週末に迫っているのでしっかり準備をしていきます。

 

 

 

反省   2010 年 6 月 13 日

こんにちは。 夕方、安曇野、穂高のスーパー横で街頭演説をしました。しかし、車のとめる位置が悪く、買い物を終えた方の車にご迷惑をかけました。もう少し周りが見えるよう行動します。申し訳ありませんでした。

2つの課題   2010 年 6 月 13 日

きょう2度目のこんばんは。

きょうは、党の宣伝カーで佐久から長野駅へ。途中、中野などに立ち寄りながら車を走らせました。

須坂で、参院選の選挙ポスターの掲示板らしいものを見つけたのですが、その後それらしいものをまったく見なかったので見間違いだったのかもしれません。

公示後に、県内10300か所に設置される、掲示板にポスターをどう貼るのかが目下最大の課題です。選挙期間中のポスターはしっかり貼りたいですし、手伝ってくださる方が多いほうが

支援の輪が広がるので、できるだけボランティアをやってくださる方を探そうと思っています。お願いできる方、いらっしゃいましたら事務所に連絡ください。お願いいたします。

ポスターといえば、立候補予定者と、予定者が所属する党の著名人の2ショットポスターが、バイパス沿いなどに設置されているのをよく見かけます。

私は資金と時間の問題からやらないことにしているのですが、一か所に複数の政党のポスターが所狭しと並んでいることもあります。

設置場所の所有者が寛大なのか、土地の管理者が不明なのか。そんなことを考えながら車を走らせています。

課題の2つ目は演説です。

しぐさや声の大きさもそうですが、一番大切な内容の更新を考えないといけません。

核となる部分は変わらないのですが、構成の組み換え、より分かりやすい表現、そして世の中の情勢変化への対応など、考えるべきことは山のようにあります。

構成は、自分がやりたいこと(政策など)、政治をやる理由、いまの政局に対する意見など、いくつか柱があるのですが、

人が立ち止まって聞いてくれるのか、通りすがりなのか。与えられた時間の長さなど、様々な要素に対応しなければなりません。

しかも日中はほとんど街頭に立っているので、新しいネタも、「練習なし・即本番」という感じです。

こんなことを日々考えているのですが、最近このブログを更新すると自分の頭も整理されて、やるべきことが明確になることに気付きました。

どんどん更新して、成長したいと思います。皆さんからのアドバイスお待ちしております。

最後に、大切な方からいただいたお守りがひとつ増えました。必勝の思い、∞に高まっています。

書いている間に日付が変わりました。おやすみなさい。

 

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて