菅政権の内閣改造をレベルが低すぎると思うもう1つの事実として、自民党から1本釣りされた浜田和幸総務政務官をめぐる報道をとり上げたい。7月1日の産経新聞によると浜田政務官は

「2010年の参院選で自民党鳥取県連が浜田氏の選挙費用や政治活動費など約4776万円を立て替えたが、うち2000万円は県連が寄付することとし、2010年9月末の時点で約2776万円の借金が確定した。なお県連に対し2000万円以上の借金が残っている」という。

おそらく、お金も組織も自民党県連頼みの選挙だったのだろう。浜田氏は、選挙で何にいくら使ったか、今も分からないのではないか。周りから言われるがままに動くだけの選挙だったのだろう。1回目の選挙から人任せの選挙をやっていては、人の心がわかるはずもない。浜田氏は、誰がどれだけ浜田氏のために選挙で頑張ってくれたのか、その人たちの顔も分からないのではないか。

私は浜田氏と比べると選挙費用の総額は4分の1だったが、予算配分は支援者と相談しながら自分でやった。それは原資が自分の貯蓄だったからである。自分の目標をかなえるために貯めたお金だ。また、候補者は選挙中、事務所にほとんどいないため、選挙が終わるまでほとんど顔を合わせない支援者も多い。しかしその後、誰がどのような支援をしてくれたか、できるだけ調べた。そして、例えば看板を立ててくれた人のところには1人でお礼を行き、看板を回収してきた。直接会って話すことで、自分がどれだけお世話になったかを身にしみて感じた。1浪人の私の方が総務政務官の浜田氏より人の心がわかっていると思う。

人の心がわからない浜田氏だからこそ、一般の人が予想もできない離党を決断するのだろう。支援者の顔が見えないから平気で裏切れるのだろう。自民党の山本一太氏のブログを見ると浜田氏の行動がいかに醜いものだったかがよくわかる。こんな人でも当選させてしまう自民党の組織力には敬意を表したいところだが、人心から離れた人材でも国政に送り出せてしまう自民党の選挙も、社会のためにはならない。

菅政権の内閣改造は小幅だったが、小幅な人事が今のところ全て悪い方向に進んでいる。

おととい(3日)の松本龍震災復興大臣の発言に憤りを覚えていたが、きのう(4日)の世論の批判は私の予想をはるかに超えるものだった。

松本大臣はまず岩手県知事に「知恵を出したところは助けるけれど、知恵を出さないところは助けない」と発言したようだ。そして宮城県知事には、知事が地元で孤軍奮闘している漁業への参入を緩和する特区について「県でコンセンサスをとれよ。そうしないと、我々は何もしないぞ」と言った。

松本大臣の発言について上げ足を取りたくないので、まず大臣の真意を考えたい。松本大臣の立場にたって考えれば、「復興はもっと地元が主体性を発揮してほしい」という主旨で叱咤激励をしたかったのではないかと思う。だったら「地元で自由に決めてくれ。応援できることはなんでもする」と言えば良かった。

しかし松本大臣の言い方は、国が被災地より上の立場に立っていることを宣言したようなものだ。国が地方を支配していると普段から勘違いしているからこういうことになるのだろう。地方分権が唱えられる中でとんでもない時代錯誤だ。こういう大臣がいるから日本は、地方が特色をいかした行政運営をすることができないのだ。国と地方の関係はお互い謙虚でなければならない。地方自治体の現場の苦労を国は尊重しなければいけないし、地方も、国の指示を仰ぐだけとかお願いばかりでもいけない。謙虚かつ対等でなくてはいけない。

松本大臣はさらに、大臣より1分後に応接室に来た宮城県知事に「お客さんが来る時は、自分が入ってから呼べ。しっかりやれよ」と発言。会談の最後には「今の最後の言葉はオフレコです。みなさん、いいですか、『書いたらその社はもう終わり』だから」と言った。その様子がテレビで報じられてしまったから言い逃れはできない。謙虚とか真摯という言葉とは程遠い人物のようだ。松本大臣は民主党が野党時代、ネクストキャビネットの地方分権担当大臣だっという話をネットで見たが、本当だとしたらもはや笑うしかない。

こんなどうしようもない発言だが、国と地方のあり方を国民に問う格好の材料になったことだけは確かだ。地方に対する国の「上から目線」に、私たちはもっと怒っていい。私たち長野県も含めて、自分たちの県に松本大臣がきたことを想像すれば今回の発言が堪え難いことがよく分かる。

「即刻辞任を!」といいたいところだが他に良い人もいないのだろう。民主党の人材難は今に始まったことでない。それにしてもレベルの低すぎる内閣改造だったと言わざるを得ない。今回の内閣改造のレベルの低さは、自民党から1本釣りされた浜田氏についても思うことがあるので改めて書きたい。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて