蓮見こなつ

故郷・菅平でゆっくりする時間はほとんどなく、世界中を転戦するアルペンスキーの女子選手がいます。蓮見小奈津選手です。

 

小奈津さんの目標は、2018年平昌オリンピックメダル獲得。そして開催地未定の2022年オリンピック金メダル!

時に150キロ近いスピードで、スピードの限界に命がけで挑戦するアルペン。小奈津さんは、高校三冠や世界ジュニア日本代表など、結果を出し続けてきましたが、世界と比べると日本はアルペンの知名度がなく、活動の全てをご家族が支え、苦労の連続だったようです。

しかし、来年就職活動を控えるなど、さらなる実績をあげるために競技に専念することと、プロとして自立した活動するためのサポート体制を整える時期にさしかかっています。

20130928-142821.jpg

きのう、菅平で海外遠征直前の小奈津選手に会いました。小奈津さんの実家は、おみやげ屋さんです。高い目標に邁進する強い意志を、目線や表情、話の内容から感じました。個人競技の第一線で活動するには、多くの人のサポート体制が必要です。遠征に出たら来春まで、菅平にはもどってこれません。後援会をなんとか遠征前に立ち上げたいとのことでした。人の応援をできる力が、今の私にあるとは思えませんが、私にお役に立てることがあるのならと、後援会長を引き受けることにしました。

 20130928-142811.jpg

政治家とスポーツ選手では、分野は大きく異なるが、多くの人の支えの上に活動が成り立っているところは同じです。私は、落選中を含め、いままで3年以上、多くの人に支えられてきました。2度やった選挙はつねに「勝算のない選挙」と言われ、それでも私を信じ、また、期待して、損得関係なく支えてくださっている方々への感謝の気持ちはつきません。損得関係なく応援してくれる人の存在がどれだけ本人の勇気になるかは、身に沁みて分かっています。そうした思いもあり、小奈津さんが競技に専念できるよう、一人の若者の背中を押すことにしました。

20130928-142742.jpg

 

蓮見小奈津。

信州から世界を目指す若者を、どうか覚えていただきますようお願いいたします。

 

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて