井出ようせい 公式サイト

ひとり 無所属で

新たに結成される「国民民主党」には参加せず、一人・無所属で活動することにいたしました。

また、一連の政局から派生するいかなる動きにも、関わるつもりはありません。

民進党、旧民主党出身者の多い希望の党が、民進党と再合流し、力の結集を図ることは、理解し尊重したいと思います。

しかし、私自身は、昨年10月の総選挙にあたり、様々な葛藤の中で大きな決断をした思いがあり、当時の決断をなかったこととし、元に戻ることを納得するには至りませんでした。

希望の党をより良い政党にすることができず、大変申し訳ない思いです。

無所属という選択が正しいのかどうかは、今後の活動次第、ここからがまたスタートだと考えています。

国会活動や財政上の困難も予想されます。しかし、有権者と向き合い、多くの課題を解決するための政策を考え、提案していく。一歩でも二歩でも、課題解決、政策実現の道を探る。こうした積み重ねの先に、また多くの仲間に恵まれ、これまで以上に国政に貢献できる時が必ず来ると信じています。

落選期間も含めて八年間、地道だけが取り柄だと思ってやってきました。今後も、より多くの方々と対話を重ね、日本のため、地元のために全力を尽くして参ります。引き続きご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

平成30年5月7日
衆議院議員 井出庸生

活動と想い


ページTOPに戻る

本文の終了

フッターをスキップし、ページの終了へ